健康経営まとめ記事

【健康経営】総まとめ!~意味から事例、取り組みのコツまで徹底解説~

Facebookでシェア ツイート

近年、その認知が拡大し、本格的に取り組む企業が増えてきた「健康経営」。単なる従業員の健康管理にとどまらず、経営視点に基づいて戦略的に従業員の健康投資をする意義は、広く浸透してきていると言えるでしょう。企業においては生産性向上や離職防止策として、投資家目線では今後の成長予測における評価軸の一つとして、非常に重要な意味を持ちます。

また、コロナ禍によって人々の「働く」ことへの考え方は、ある意味強制的にシフトされてきました。前近代的な経営手法が受け入れられなくなっているのは勿論のこと、目まぐるしく変わる社会情勢に伴って、仕事や会社に対しての私たちの価値観も常にアップデートされているのではないでしょうか。つまり、「健康経営」の形も日々変わり続けていくのかもしれません。

そのような変化に対応し、従業員や企業、顧客や投資家といったすべてのステークホルダーから信頼と評価を得るためにも、健康経営の本質的な意味や目的、今後における重要な観点を今一度再確認しましょう。

従業員が何を自社に求め、理想としているのか。社外から評価される企業価値とは何か。それらを念頭に、自社において必要な健康経営とは何かを考えてみてはいかがでしょう。

健康経営まとめ記事

健康経営の意味と基礎情報

「健康経営」とは何か、それを理解し、具体的に説明することは難しいのではないでしょうか。健康経営に求められる内容も年々アップデートされており、常にキャッチアップしていくのは大変という方も多いかと思います。健康経営の本質的な目的を理解し、国として健康経営の推進を図る経済産業省の健康経営優良法人認定制度の内容を押さえておくことで、その概要を掴むことができるでしょう。ここでは健康経営の基本的な情報についてお届けします。

健康経営の定義や健康経営の注目度が高まっている背景など、基本的な情報についてお伝えします。健康経営への取り組みが重要視される昨今、手始めに健康経営とは何かを知り、前提となる知識を抑えてみてはいかがでしょう。

優良な健康経営を実践する企業・法人を顕彰する制度である「健康経営銘柄」「健康経営優良法人」について、およびそれらに選定されるメリットについて解説します。各制度の基礎知識や健康経営を推進する意義を知ることができます。 

健康経営推進に不可欠な健康経営度調査の内容・意義についてお届けします。 
職場環境や風土の変革のために、まずは健康経営度調査の理解を深め、回答することからはじめてみてはいかがでしょう。 

本質的な健康経営推進のヒントとは

健康経営について理解が深まったとしても、それを自社の業務に落とし込むのは難しいと感じる人事の方も多いことかと思います。それぞれの企業が重視する健康経営上の目的を正しく理解し、それに対して最適な打ち手を長期的に施すのは、綿密な計画性と体力が必要になるでしょう。ここでは、健康経営を本当に意味のある取り組みに昇華させるうえで重要なこととは何か、考えてみてはいかがでしょうか。

実際に健康経営を推進していくにあたり重要な取り組みについて、前編・後編の2編でご紹介します。推進のポイントや制度の評価フレームワークなど、自社にて施策を実施する際に知っておきたい情報です。

従業員も、会社も変わる。健康経営の取り組み事例

近年の健康経営は企業としての健康管理に留まらず、各従業員それぞれが抱える課題や更なる状態改善に向けて必要な対策をうち、着実に効果を出していくことが求められています。従業員課題の解決には健康経営というマクロの視点から、個人というミクロな粒度までを捉えて施策を進めなければならず、変化を生む取り組みを実施するということは言葉で言うよりも非常に難しいものかもしれません。

効果が出る健康経営の取り組みのポイントとはどのようなものなのか、健康経営において評価を受ける企業の施策例から探っていきましょう。 

当社が2022年度の健康経営銘柄に選定された際の取り組みに関するインタビュー記事です。
銘柄取得の秘訣や裏話が、来年度以降の健康経営推進のヒントとなれば幸いです。

実際に「健康経営銘柄2021」に選定された企業の取り組み事例をご紹介します。推進体制から計画の実行まで、自社の状況と照らし合わせながら読んでみてはいかがでしょうか。

健康経営銘柄の選定基準や、選定された企業が行っている具体的な施策について解説します。評価基準を把握し、アピールすべきポイントを抑えられるため、効果的に健康経営を実践するためには必読です。

健康経営の取り組みに先進的な企業の事例と、健康経営実現のためのステップを詳細にお伝えします。自社に合った取り組みを実施し、戦略的に健康経営を推し進めるために役立つ情報が満載です。

まとめ~当社サービスのご紹介~ 

ここまでご覧いただきありがとうございました。健康経営の意義や本質的な改善をもたらす考え方・取り組みについて理解が深まったでしょうか。従業員の健康だけでなく、仕事に対しての満足度やエンゲージメントを向上させることは、その当人だけでなく企業にも多くの好影響につながります。明日からの改善施策の助けになれば幸いです。

当社アドバンテッジリスクマネジメントでは企業の健康経営を支援する数多くのサービスを提供しております。企業ごとに適したサポート内容を提供しておりますので、健康経営に関するサービス一覧はこちらからご覧ください。

お悩みからのご相談も承っております。お気軽にお問い合わせください。お問い合わせはこちらから

(Visited 51 times, 2 visits today)

【筆者プロフィール】

「アドバンテッジJOURNAL」編集部

「アドバンテッジJOURNAL」編集部
363万人以上へのサービス提供実績と、健康経営銘柄2022に選定されたアドバンテッジリスクマネジメントの知見から、人事領域で関心が高いテーマを取り上げ、押さえるべきポイントやつまずきやすい課題を整理。人事担当者や産業保健スタッフの“欲しい”情報から、心身のヘルスケアや組織開発、自己啓発など従業員向けの情報まで、幅広くラインアップ。「個と組織の未来基準の元気を創る」トピックスをお届けします。

Facebookでシェア ツイート

関連記事RELATED POSTSすべて見る>>