うつ病による休職からの職場復帰—本人の不安を取り除くために必要なこととは?

ツイート

はじめに

うつ病、適応障害、気分障害、自律神経失調症などの精神疾患等であっても、身体的疾患と同じように再発の防止が大切です。厚生労働省の「うつ対応マニュアル-保健医療従事者のために-」によると、うつ病の初回の治療後の再発率は60%もあり、再発を繰り返すと再発率が高くなるとされています。(参考:2回目の治療後の再発率は70%、3回目の治療後の再発率は90%)

再発を防ぐためには、職場復帰をあせらないことが第一です。また、ご家族の協力も円滑な職場復帰を支援するうえで大切なサポートの1つです。

ご本人も「もう働ける、復帰できる」と感じても、主治医の意見に耳を傾け、普段の様子を見ているご家族の意見も参考にして、再発しない、ゆとりのある職場復帰を支援しましょう。

人事担当者が社員の職場復帰時の不安を取り除くために気を付けること

復職する本人は、焦りと不安が入り混じり、心が落ち着かない状況です。そうした不安が再発の原因にもなりますので、職場復帰した社員が「不安なく安心して働く」を第一に、まずは無理のない働き方ができるよう、人事担当者が職場環境を整えることをお勧めします。

<職場環境>

復職を成功させるには、本人だけでなく周囲のサポートも重要になります。復職者を受け入れる職場側の準備ややるべきことは、以下になります。

・労働時間を管理する
-基本的には、産業医の指示通りの労働時間で復職が始まります。終業時刻の際に声掛けしてあげると、本人も帰りやすくなります。残業をしていないか気にかけてあげるとよいでしょう。

・仕事内容を明確に
-復職した社員へ与える仕事内容は、何をするか・業務量・期日等、「5W1H」で明確に伝えましょう。メンタル不調により、思考力や判断力が低下していた状態からの復職なので、仕事の指示はできるだけ明確に伝えましょう。

・再発の兆候を確認する
-心の病の治療では、再発防止が課題とされています。初回の治療がスムーズに行っても、再発すると治療が非常に難しくなります。また、一度再発すると、二度、三度と再発することが多いのです。仕事中のパフォーマンスやミスの多発などには注意を図り、そのような状態の際には業務配慮でサポ―トをするなど、変調に対応しましょう。

・通院を継続させる
-復職後もしばらくは、主治医の通院が必要です。また自己判断による通院・服薬の中断は再発の可能性を高くします。職場に遠慮して受診を中断することも多いので、復帰後の通院も加味し、受診時の早退・休みを許容する、声掛けするなどの心遣いを行い、本人が受診しやすい環境づくりをしてください。

・周囲への配慮
―ひとたび休職者が出ると、業務が周囲の社員に振られ、周囲にも負荷がかかることが多くあります。そのため、業務の増えた社員が休職者に良い感情を抱かないこともあるでしょう。本人以外の社員への配慮も欠かしてはいけません。休職中の業務を担当した社員をねぎらい、復職後の協力もお願いしましょう。昨今は、メンタル不調だけでなく、がん治療や親の介護で休職する人も多くなっています。明日は我が身、と捉え、部署・部門で協力し合いながら皆で助け合いましょう。

<当事者>

・無理をしない
-復職して間もない頃は、「頑張らないと」「休職前のように働く姿を見せないと」といった意識は、一旦おいておきましょう。復職直後の時期は、「無理をせず」毎日平常に過ごすことで慣らしていきましょう。「辛いな」と感じたら休むようにしましょう。

・復職後の体調記録をつける
-手帳などに、自身の体調や心情を記録し、客観的に自分の変調を把握することをおすすめします。そうすることで、「こういうときに自分はしんどいようだ」や「このくらいの仕事量なら通常通りだ」など、他者との関わりや業務量に応じて反応する自身の変化を知っておくと、「無理をしない」ラインがわかるので、予防対応も自分でできるようになります。

・規則正しい生活を送る
-夜は早めに寝て睡眠をしっかりとる、1日3回の食事は必ずとる、休日は無理に外出せずゆっくり休む、など規則正しい生活が、心身共にエネルギーを蓄えます。復職してすぐは、体力も消耗しやすいので、疲労蓄積を日々の睡眠や食事で解消していきましょう。

・服薬・通院を継続する
-主治医の治療に従い、服薬・通院は継続しましょう。復職=完治ではないので、復職後安定しているかを判断するためにも、必ず通院は続けましょう。自己判断での通院・服薬中断は最も危険です。

・ストレスを溜めない
-復職後は予想以上に負荷がかかります。通勤、職場環境、仕事内容、同僚や上司との関わりなど、休職時からの環境変化によるストレスは掛かっていることを認識しておくとよいです。日々のストレスは溜めず、都度リフレッシュするように心がけることがよいでしょう。

まとめ

うつ病などのメンタル不調の休職から職場復帰するには、少しずつ心と身体を慣らしていくステップが必要です。また、再発しないよう無理のない働き方をすることが大切です。そのためには、本人・家族、そして周囲の職場のサポートが欠かせないものとなります。

昨今、多くの企業で悩ませている心の不調が原因である休職。安心して療養を継続できるよう、会社の制度として、休業中の所得補償制度(GLTD)を導入したり、 復職判断に必要なデータを収集し、管理するため、専用のシステムを活用して休業者管理を行う企業も増えています。

発生ごとに担当者が右往左往していると、他の業務に手が回りません。休職した社員に対して冷静に組織として賢明な支援ができるよう、”職場復帰の不安”を取り除く仕組みと制度づくりに取り組むことが必要ではないでしょうか。まずは他企業の具体的な取り組みなどについて情報を集めてみましょう。

(Visited 49,912 times, 4 visits today)

【PR】煩雑なスケジュール管理や労務手続き、休業者への連絡をICTで一元管理。休業者はマイページにアクセスするだけで必要な情報の確認ができます。復職判断のルール作りなど、無料相談受付中。

関連記事RELATED POSTSすべて見る>>

無料 お役立ち資料ダウンロード 最新情報をお知らせ メルマガ登録