用語

1on1とは

1on1ミーティングのことで、上司と部下が定期的に1対1で話し合うことをいいます。
昇進時の面談や評価面談など、半年あるいはそれ以上の期間に一度程度行われる面談と異なり、15~30分程度の短い時間で、週に1回、月に1回と短いスパンで定期的に実施されるものを指します。

従来の人事面談的な意味合いの面談に比べ、上司が部下の成長をサポートするための時間と捉え、社員を成長させるための手段として実施する企業が増えてきています。

1on1ミーティングの実施目的

1on1ミーティングの目的は、部下との信頼関係を築き、モチベーション向上や部下の成長を促すことにあります。よって、人事評価を伝える場や目標設定のための面談と異なり、上司が情報を伝える場ではなく、部下の現状を聞き出し課題解決に寄り添っていくものです。

ここで上司が捉え違いをし、上司が一方的に話したり、業績を詰め寄る場としてしまうと、部下の成長にはつながらず、1on1ミーティングが効果的に機能しない原因となってしまうこともありますので気をつけなければなりません。

1on1ミーティングのポイント

以下のポイントに留意することで、より週に1度、15~30分の1on1ミーティング、部下の成長促進のため実施してみてはいかがでしょうか。高い効果の1on1ミーティングを実施することが可能になります。

事前にミーティング内容を組み立てる
1on1ミーティングでは部下に話してもらうことを目的としますので、あらかじめ話す内容と目的を想定し、ミーティングのスタート時に部下と共有することが重要です。

部下が話しやすい環境づくり
部下が話しやすくなるよう、上司は傾聴の姿勢をとることが重要です。上司が話を押し付けるのではなく、話の内容や進行は部下の主体性に任せられるようにガイドしていくのがよいでしょう。

信頼関係をつくる
部下が話しやすくなるよう、上司は傾聴の姿勢をとることが重要です。上司が話を押し付けるのではなく、話の内容や進行は部下の主体性に任せられるようにガイドしていくのがよいでしょう。信頼関係が深まることでさらに本音を話してくれるようになるでしょう。

継続する
1on1ミーティングをその場だけで済ましてしまうのではなく、継続的に実施することが効果的です。日時などタイミングに加え、話される内容も継続されることが望ましく、そのためには記録を残していくことも重要です。それは部下の成長を記録することにもつながります。

週に1度、15~30分の1on1ミーティング、部下の成長促進のため実施してみてはいかがでしょうか。

(Visited 134 times, 1 visits today)

参考記事