産業医はどこで紹介してもらうか?産業医の探し方

Facebookでシェア ツイート

労働者の健康管理という役目を担っているのが、産業医です。50名以上の労働者を有する事業者は、産業医を選任する必要があります。産業医は、職場の巡視や健康診断後の保健指導などを通して、労働者の健康をサポートします。

しかし現在では、産業医の人手不足が問題視されています。このような状況の中で、産業医はどのように探せば良いのでしょう。また近年のメンタルヘルス不調者の増加により、ストレスチェック対応など産業医に求められることが増えていますが、どんな産業医でも対応できるのでしょうか。

今回の記事では、産業医の探し方について説明します。なかなか自社に合った産業医が見つからない、地方に増えた事業所の産業医を新たに探している、といった人事担当者の方は、是非参考にしてみてください。

産業医の探し方

まずは、一般的な2つの方法を紹介します。医師との特別なコネクションなどがない限りは、下記の方法を取ることが多いでしょう。

①医師会に紹介してもらう
企業のある市町村の医師会に相談すれば、産業医を紹介してもらえます。産業医の候補は、各エリアの医師会に登録している開業医の先生などです。

②人材紹介企業に紹介してもらう
人材紹介企業に産業医を紹介してもらう方法もあります。契約金額の一定割合が成約報酬として必要になるケースが一般的ですが、人材紹介企業のサポートが得られます。ただし人材紹介企業によって支援の方法が大きく異なる点に注意が必要です。紹介や契約の代行を行うだけという企業もあれば、産業医と事業者の間に立って、体制が整うまでサポートしてくれる企業もあります。

それでも産業医が見つからない?

しかし実際は上記の方法で探しても、産業医自体が不足している上、近年求められるメンタルヘルス対応の出来る産業医となると、すぐに医師を見つけられない可能性があります。人材紹介ではなく業務委託の形態で産業医業務を代行してくれるアウトソーシングサービスを検討してみるのも一案でしょう。

まとめ

これからの企業の存続にとって不可欠な存在である産業医ですが、そのニーズの高さに反し、従来の方法では自社に合う産業医を見つけるのが難しくなってきました。医師会や人材紹介会社を通じて産業医が見つからない場合には、外部専門機関へのアウトソーシングも検討してみることをおすすめします。

(Visited 2,009 times, 1 visits today)

【筆者プロフィール】

「アドバンテッジJOURNAL」編集部

「アドバンテッジJOURNAL」編集部
363万人以上へのサービス提供実績と、健康経営銘柄2022に選定されたアドバンテッジリスクマネジメントの知見から、人事領域で関心が高いテーマを取り上げ、押さえるべきポイントやつまずきやすい課題を整理。人事担当者や産業保健スタッフの“欲しい”情報から、心身のヘルスケアや組織開発、自己啓発など従業員向けの情報まで、幅広くラインアップ。「個と組織の未来基準の元気を創る」トピックスをお届けします。

Facebookでシェア ツイート

関連記事RELATED POSTSすべて見る>>