1. 採用情報TOP >
  2. 仕事について >
  3. 事業内容

事業内容

アドバンテッジリスクマネジメントは、メンタルヘルス対策、就業障がい者支援制度など、先進的な人事ソリューションを提供しています。1995 年に日本で最初となるGLTD(傷病による就業不能時の所得補償保険制度)を提供して以来、メンタルヘルスケア分野と共に国内トップシェアの導入実績を有しています。人材採用・教育分野ではEQを柱に展開しており、企業の人材を支えるトータルソリューションを展開しています。なお、当社はメンタルヘルス業界における唯一の上場企業であり、日本経済団体連合会に加盟しています。

5つのアドバンテッジ

メンタリティマネジメント事業

  • メンタルヘルス不調の予防、発生対応から復職支援までの総合的なサポートプログラム提供
  • EQ(感情能力)理論を基にした検査/アセスメント、教育研修プログラム提供
  • エンゲージメントを高める教育研修プログラム提供

従業員のストレスと心の健康問題は刻化し、メンタルヘルス対策を実施する企業の数は増えています。 しかし、既に対策を実施している企業において、メンタルヘルス不調によるリスクの軽減、不調発生の予防、組織の活性化などの具体的な成果があったと認識されているケースは、必ずしも多くありません。 当社は、「成果」にフォーカスを当て、企業の抱える課題と目指すべき方向性に適した、総合的なメンタルヘルス対策を提案します。

また、人材採用・教育分野における対人関係能力とストレス耐性の高い人材へのニーズの高まりに応え、EQ理論に基づく採用・教育サービスを基に、企業の人材を支えるトータルソリューションを展開しています。

就業障がい者支援事業

  • GLTD(団体長期障害所得補償保険)制度の導入コンサルティング/運用サポート
  • 傷病による長期休職者の職務復帰サポートプログラム提供
「傷病が原因で働くことができない」という就業不能の問題が大きく取り上げられています。「働けない=就業不能」というリスクは、とても身近で、発生確率が高いにも関わらず、助けてくれるはず、と思っていた社会保障や保険商品もほとんどありません。 1995年に当社が先行して日本に導入した「GLTD(団体長期障害所得保障保険制度)」は、傷病による休職時に減少する給与所得を長期間補償できる唯一の保険制度です。 私達は国内トップシェアのGLTD導入実績とノウハウで、企業のGLTD制度構築を支えています。