メンタルヘルス不調にも対応可能。産業保健の視点で企業の健康管理をサポート

産業保健とは?

産業医学・産業保健には、「健康障害のリスクを低減させる」「健康を積極的に増進する」という2つの目的があります。そのために、職場での事故が発生しないようにするため、職場環境の改善と健康状態の維持・向上などの「予防活動」と、組織や働く人の活性化を図り、活き活きとした職場を形成するなどの「健康増進活動」があります。

また、厚生労働省による職場のメンタルヘルス対策強化も進み、全ての労働者に対する医師、または保健師によるストレスチェックや、希望する労働者への医師面談の義務化が検討されています。 その課題として、労働者のメンタルヘルスを適切にケアできる医師が不足することが指摘されています。

当社では、急増するメンタルヘルス業務に対応できる産業医による業務委託サービスを提供いたします。

産業保健の課題

詳しくはこちら

サービス内容

詳しくはこちら

当社の強み

詳しくはこちら