内定辞退、早期離職防止に「選ぶ」採用から「見つけて育てる」採用へ:アドバンテッジ インサイト

採用募集人数の増加、労働人口の減少で、規模を問わず多くの企業が、内定者数未達や、内定辞退に悩んでいます。これまでの採用は、すでに光るものを持つ人材を「選ぶ」採用でしたが、これからは、芽の出る人材を「見つけて育てる」採用が求められています。 「アドバンテッジ インサイト」はストレス耐性+コミュニケーション能力(EQ能力)を軸とした採用適性検査で、採用選考から内定者フォロー、入社後の育成までトータルにサポートします。

新卒採用における課題点の上位「内定辞退防止対策」「新人・若手の早期離職」
これらの課題を解決するために採用適性検査ができることは?

新卒採用、新入社員について課題に感じていること[グラフ]

多くの企業で課題として挙がっている「内定辞退防止」と「若手社員の早期離職」。
採用活動は「量」より「質」と変わり、少数気鋭で人材を採用するとなると、優秀な学生にだけ内定が集まり、辞退される企業が増えてしまいます。
これまでの採用活動は、学生を選考して内定を出すことがゴールになりがちでしたが、最近は内定を出すまでのプロセスや内定の伝え方、そして内定者のフォローなど丁寧な採用活動が重要視されています。

また、入社3年以内に離職してしまう割合は、大学卒業で3割におよびます。離職理由として多いのが、会社や仕事、人間関係に関する不満です。
倫理憲章により就職活動が短くなったことで、企業側も人材を見極めに十分な時間がなく、学生側も就職活動に納得を持てないまま内定承諾・入社をしてしまう「企業と人材のミスマッチ」も早期離職の原因と考えられます。

これらの課題を解決するためにも、採用検査時に個人の可能性を見つけ、入社前のフォロー、育成が重要となります。あらかじめ優秀な人間を「選ぶ」のではなく、可能性のある人材を「見つけて育てていく」ことが採用戦略のカギとなります。

メンタルヘルス業界No.1のアドバンテッジの採用適性検査「アドバンテッジ インサイト」は
「EQ能力」「ストレス耐性」「コンピテンシー」で個人の可能性を見つけ出します

メンタルヘルスケア業界の最大手だからこその数々のノウハウで、より正確に、より詳しくストレス耐性の素養や現状のストレス度合いを検査することができ、受検者の現状を把握します。
さらに「EQ能力」と「コンピテンシー」にて、「感情」をコントロールする能力と業務成果を生み出す特徴的な行動特性を測ることで「コミュニケーション能力」を詳しく見ることができます。

またこれらの能力は、「高める」ことが可能なので、検査時に素養を詳しく測ることで、採用後の育成に活用することができます。
「見つけて育てる」採用を「アドバンテッジ インサイト」は全面的にサポートします。

お問い合わせ:資料請求・お問い合わせ:お電話でのお問い合わせ:03-5794-3806

ビジネスパートナー募集説明会申込フォーム