TOP > メンタルヘルスケア対策として

メンタルヘルスケアの本質的な課題解決に

従業員の「不安」によるメンタル疾患の悪化・再発回避のために

企業におけるメンタルヘルスケアでは、休職者が安心して治療に専念できる環境の整備が重要です。

しかし、休職による収入の減少や、治療費の支出は、休職者の「不安」や「あせり」につながり、治療の妨げになります。

経済的な不安は回復を遅らせたり、早すぎる復職による再発・再燃の原因ともなるため、「あせり」を取り除くことで治療環境を整備し、継続・維持治療に専念できるように促すことが必要です。

メンタルヘルスケアの本質的な課題解決として

「継続治療」「維持治療」をしっかりと行うためには経済的不安の解消が不可欠です。GLTDの経済的な補償は安心して治療に専念できる環境を整え、「セーフティネット」として有効です。

また企業にとって、安定した人事施策の一助となります。

GLTDの経済的な補償で、安心して治療に専念できる環境の整備