ニュースリリース/トピックス

内田洋行健康保険組合がストレスチェック受検率約96%を達成

~健康経営の実現をめざし、最上位プラン『プレミアム』を採用~

2017年01月18日
株式会社 アドバンテッジ リスク マネジメント
代表取締役社長 鳥越 慎二
(JASDAQ コード8769)

  株式会社アドバンテッジ リスク マネジメント(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:鳥越 慎二、以下「当社」)は、内田洋行健康保険組合(内田洋行本社:東京都中央区、代表取締役社長:大久保 昇、以下「内田洋行」)のグループ16社に、当社が提供するストレスチェック義務化に対応したメンタルサポートプログラム「アドバンテッジ タフネス」を導入し、義務化初年度におけるストレスチェックサービスをサポートいたしました。

  内田洋行は、かねてより従業員が安全で健康に働ける職場づくりに努めており、セルフケア講座や管理職を対象としたラインケア研修、相談窓口の設置など、従業員のメンタルヘルスケアに取り組んでいます。
  このたび同団体は2015年12月に施行されたストレスチェック義務化に際し、メンタルヘルスケアを一層強化し、健康経営を推進することを目的に、当社の「アドバンテッジ タフネス」の『プレミアム』プランを導入しました。ストレスチェックに留まらず、セルフケア学習ツールや医師面接、カウンセリングなどの個人のケアに加え、担当コンサルタントによる組織改善のサポートなど、最上位プランならではの総合的なサービス内容が評価されました。

  同団体では、グループ16社の従業員約3,000名に対して昨年9月にストレスチェックを実施し、その受検率は95.8%と高水準となりました。現在はその結果を活かし、組織改善に向けて取り組みを進めています。

■内田洋行 担当者のコメント(人事部 小梶様)
当社では、内田洋行健康保険組合を中心(実施者)とし、グループ全体で同プランを実施し、心と体の両側面からのケア強化に努めています。そんな難易度の高い体制にもかかわらず、きめ細やかにご対応いただき大変助かっています。また、「タフネス度」、「エンゲージメント」を測定することで、多方面からの組織分析にも期待をしています。

【「アドバンテッジ タフネス」『プレミアム』プラン概要】
個人要因である「タフネス度(個人のストレス対処)」、「エンゲージメント(仕事への熱意度)」を測定するオリジナルのテストを使用。組織活性化・生産性向上を見据え、一歩進んだ取り組みをサポートする、当社の最上位プラン。

本件に関するお問い合わせ先

株式会社 アドバンテッジ リスク マネジメントhttp://www.armg.jp
広報担当 :小林 幸子/大橋 健一
TEL:03-5794-3890 FAX:03-5794-3879