ニュースリリース/トピックス

国立大学法人名古屋大学にストレスチェックサービスを導入

~教職員のメンタルヘルスケアを推進~

2016年11月01日
株式会社 アドバンテッジ リスク マネジメント
代表取締役社長 鳥越 慎二
(JASDAQ コード8769)

 株式会社アドバンテッジ リスク マネジメント(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:鳥越 慎二、以下「当社」)は、国立大学法人名古屋大学(愛知県名古屋市、総長:松尾 清一、以下「名古屋大学」)に、当社が提供するストレスチェック義務化に対応したメンタルサポートプログラム「アドバンテッジ タフネス」を導入したことをお知らせします。

 1939年に名古屋帝国大学として創設された名古屋大学は、現在愛知県内に4か所のキャンパスを構え、9学部・14研究科・3附置研究所を有しています。
 このたび名古屋大学は、ストレスチェック義務化に際し、当社の「アドバンテッジ タフネス」の『ベーシック』プランを導入いたしました。調査票やセルフケアに関するコンテンツ、管理画面の仕様、セキュリティ面に加え、地方自治体や国立大学法人への導入実績など、同法人が提示する条件に当社のサービスが合致し、導入に至りました。また、匿名で相談できるカウンセリング窓口を設置することへの重要性を受け、「カウンセリング」サービスを含む同プランの採用となりました。

 同法人では、今月、教職員に対しストレスチェックを実施いたしました。

■名古屋大学 担当者のコメント(保健管理室長【産業医】・教授 石黒 洋 様)
ストレスチェック制度実施をきっかけとして、教職員自ら、心のセルフケアが行える体制構築をめざし、今回アドバンテッジ リスク マネジメントのサービスを導入することといたしました。当サービスを導入したことにより、より良い職場環境の醸成、教育研究推進の一助になれば良いと考えております。

【「アドバンテッジ タフネス」『ベーシック』プラン概要】  
厚生労働省が提示する「職業性ストレス簡易調査票(57問)」を使用。
カウンセリングをはじめとしたケアサービスをパッケージで提供。

名古屋大学ベーシック

 

本件に関するお問い合わせ先

株式会社 アドバンテッジ リスク マネジメントhttp://www.armg.jp
広報担当 :小林 幸子/大橋 健一
TEL:03-5794-3890 FAX:03-5794-3879