TOP > 従業員に支持される制度

従業員に喜ばれ、やる気を引き出す

従業員から人気のある制度

働けずに生き続けることは、実は、経済的には死亡よりもリスクは高いのに、個人でそのリスクに備えるのは難しい状況です。
企業としてGLTD制度を導入することにより、そのリスクに備えることができます。

そのため、GLTDは従業員から喜ばれ、支持される制度として人気があります。

企業で保険料を捻出する「全員加入部分」と、従業員が任意で加入する「任意加入部分」を組み合わせて導入することが一般的です。

全員加入部分があることで、全社員に公平に補償がいきわたり、「従業員を大切にしている」会社姿勢のメッセージが伝わることで、従業員から会社に信頼感が生まれます。
この仕組みは企業と従業員が一緒になって作り出すセーフティネットとして有効な施策となります。

アドバンテッジでは従業員やご家族が制度の概要がわかりやすいように、パンフレットや説明会などのツールを各社の職場環境に合わせてご提案しています。

また、任意加入はGLTD制度を効果的に周知することで、加入率が70%を超えるケースも多くあり人気のある制度です。(ARM調べ)

GLTDはどうして人気があるか

近年、医療の技術の進歩により不治の病とされてきた病気も治療が可能な時代となってきましたが、「生きているけれども、働くことができない」という人が増えています。
長期間働けなくなった時のリスクは一般的な保険ではリスクがカバーされていません。
実は想像以上のリスクが待ち受けています。

GLTDは団体で加入機会を設けることで、加入することができる制度です。会社で実施すべき保険として、従業員満足度の向上にもつながります。