EQの活用

EQを測定し、その結果を分析することで、適切な内容の人材育成、業績向上に向けた異動・配置
組織活性化、適切なコミュニケーションの構築、人間関係の改善など、様々な人事関連施策に活用可能です。

お客様導入事例

セイコーエプソン労働組合 様

セイコーエプソン労働組合

従業員の「つながり」と「心の満足」を重視、EQによる人材育成と組織活性化に取り組む

弊社のEQプログラムをお選びいただいた理由を教えてください

労働組合の活動で重要なのは「人と人とのつながり」です。また、日本企業の強みも同じだと思います。ARMのEQプログラムは、まさに「人と人とのつながり」をより良くするためのプログラムでした。他社のEQプログラムのプレゼンも受けたことがありますが、プログラムの内容、マンパワーともにARMが勝っていると感じました。ARMは、私たちの課題と要望に合わせてアイデアをくれ、プログラムをカスタマイズしてくれるので、当労組オリジナルのEQプログラムを実施することができます。時代の変化の先を呼んで対応していくことが私たちの課題ですから、ARMのアイデアとカスタマイズ対応は大変ありがたいです。

続きはこちらからダウンロード



新日鉄住金ソリューションズ 様

新日鉄住金ソリューションズ

EQを「人間力」と位置づけ中堅社員全員にEQプログラムを実施

EQプログラムを導入後、どのような効果がございましたか。

感情やコミュニケーションといった分野の研修効果は、実施後すぐに顕在化するわけではありませんから、長期的な視点でEQプログラムを導入しました。10年以上が経過した現在、EQとは何かを理解し、自身と相手の感情状態を無視せずに受け止め、感情をマネジメントすることが適切なコミュニケーションや行動につながることを認識している社員は着実に増えていると感じています。当社では、3年に1度、組織風土調査を行っていますが、上司と部下のコミュニケーションは良好との結果が出ています。これはEQプログラムを継続し続けていることによる成果のひとつと考えています。

続きはこちらからダウンロード

活用事例:「雰囲気が悪い」と感じる職場(製造業)

活用事例:「雰囲気が悪い」と感じる職場(製造業)

「社内が暗い・人を避ける・下を向いて歩く・笑わない・挨拶がない・電話対応も暗い」という社内風土を改善するために、「明るく健康な職場づくりプロジェクト」〜 自分に気づき、人のことを考えられる社員になる〜 を発足。3ヵ年計画で、初年度は経営陣を中心にEQ開発研修を実施、2年目以降は一般社員にもEQ研修を実施した。

■結果■

お客様から「変わった」と言われ、EQの意識で挨拶と会話が増加。上司部下の関係が大幅に改善され、思いがけぬ成果として、社内打合せの減少、会議時間の短縮により生産性が向上した。

活用事例:ヒューマンスキルの特定に活用(コールセンター)

活用事例:ヒューマンスキルの特定に活用(コールセンター)

人材育成と適性人材イメージの認識が人によりバラバラであったオペレーターの人材要件を会社として確立する必要があり、コールセンター業務スキルを支えるヒューマンスキルの枠組みを欲していた。
オペレーターのEQを測定し、業務の特徴とパフォーマンスから、会社にとって分かりやすい言葉で、ヒューマンスキルの人材要件を確立させた。

■結果■

人材要件が確立し、それに沿った育成や採用を進行している。平均コール時間やクレーム件数など、KPIが明確に改善した。
マニュアルを把握したうえでの臨機応変な対応の蓄積が、マニュアルの質にも反映し、育成時間短縮やイレギュラー対応の円滑化にもつながった。