EQとは

ジョン・メイヤー博士
ジョン・メイヤー博士

ビーター・サロベイ博士
ビーター・サロベイ博士

当社の研究開発顧問で現在イェール大学学長を務めるピーター・サロベイ博士とニューハンプシャー大学教授のジョン・メイヤー博士は、
「ビジネス社会における成功の要因とは何か」を心理学の立場から探ることに着目し、1990年にEQ(Emotional Intelligence Quotient)理論を提唱しました。

IQ(思考能力)とEQ(感情能力)

IQが「物事を記憶し、知識として生かすことで問題解決を行う能力」とするなら、EQは「感情を管理し、利用することで、問題解決に適切な思考や行動に導く能力」と言えます。
ビジネスの業務にはIQは欠かせませんが、その時々の感情の状態によって発揮度は差が出ます。EQを発揮することでIQを十分に発揮することができます。
また、EQとIQの関係を理解したり、EQをどう活用させれば結果を得られるかと考え、結論を出すのはIQです。

ビジネスの遂行や良好な対人関係の構築には、どちらか一方だけでなく、両方を上手く活用することが重要です。

誰もが使っている能力・開発できる能力

人の態度や物言いなどのあらゆる言動は、その時々における自分自身の感情の状態に大きく左右されています。また行動することで感情を変えることもできます。
誰でも必ず使っている「感情」を意識すること、そしてコントロールし、自分にとって適切な行動を取ることが「EQを発揮すること」です。

EQは遺伝などの先天的要素が少なく、教育や学習、訓練を通して高めることができる能力といわれています。適切な訓練によって、その発揮能力を高めることができます。
「EQというのは能力であり、EQを発揮することは自分の能力を発揮することだ」という意識を持つことは、EQを高める第一歩です。

4つのブランチ(4つの個別能力)

EQ提唱者のサロベイ、メイヤー両博士は、EQとは「大きく4つに分類される個別能力によって構成され、それらの複合的な働きによって発揮される総合的能力である」とし、それぞれの働きや相互関連性を分析解明しました。

4つのブランチ(4つの個別能力)

適切にEQが機能するためには、EQを構成する4つの能力がバランス良く発揮されることが重要になります。
自分のEQを知るとは、この4つの能力がどのようなバランスになっているかを知るということです。